MENU

アンティーク着物とは

アンティーク着物とは、大正から昭和初期に作られた着物で、戦前のものを指します。

 

今の着物とは作りや柄が違っているため、状態の良いものや質の高いものは、数十万円から数百万円と高く買い取ってもらえます。

 

そのアンティーク着物の柄は、幾何学模様が美しく、花柄も特徴的に作られています。
また、その頃は着物を日常的に着ていたので、縫製をとても丁寧に作り上げられています。
骨董的な扱いがされており、それ相応の価値がつきます。

アンティーク着物と呼ばれる着物

昭和初期までに作られた着物をアンティーク着物と呼び、
高く買い取ってもらえることが多いです。

 

それ以降(昭和中期以降)の着物については、
作りも柄もアンティーク着物より簡単に作られているため安値になることが多いです。

 

着物もアンティークとは呼ばず、リサイクル着物と呼ぶようです。

 

アンティーク着物は古ければ良いという訳ではありません。
今でも着ることが出来る着物が高く評価されます。

 

アンティーク着物は、色合いは落ち着ていても、
柄が斬新なので、地味には見えません。

 

それが今でも人気の秘密です。

 

もしあなたがアンティーク着物をお持ちで、
手放そうと思っているのなら、ネットを使った着物買取店を利用するのが良いでしょう。
高く評価してくれるので、思った以上の金額で査定してくれると思いますよ!

 

アンティーク着物まとめ

現代でも十分通用する柄や色使いなので、このような柄を好んで購入する人もいます。
フリーマーケットや骨董市では、安く手に入れることも出来ます。
出来れば試着した方が賢明です。色柄につられて買ってしまうと、着た時のイメージが変わるからです。
アンティークなので多少のシミや汚れ、色褪せもあります。
それを味として、着用するのもいいですが、和風小物等にリメイクするのもいいかもしれません。
特にアンティークの帯は、新鮮で斬新なので、素敵な物に生まれ変わるでしょう。
アンティーク着物は日本人だけでなく、海外の人にも喜ばれ、コレクターもたくさんいます。
日本文化に触れたいと、京都や奈良を訪れる、外国人観光客も増えています。
お土産として、扇子や着物を購入する人も多く、和の文化に魅了されているようです。
外国人にも好まれるアンティーク着物を、着物として着るのもいいでしょう。
そして、その色柄に魅せられてコレクションする人、リメイクして新しい物に生まれ変わらせる人、活用法は色々です。
アンティーク着物を、時代の中に埋もれさせずに、蘇らせるのは素敵なことです。
若い人達が、どのような形であれ、日本の伝統美である、着物に慣れ親しむ事は良いことです。