MENU

江戸小紋(えどこもん)の文様・色柄

江戸小紋とは、文字通り江戸時代に武士の裃に使われた、一見無地に見える細かい柄の総称です。

伊勢型紙という渋紙に彫られた繊細な側の型紙を使い、伝統的な手法で型染めします。

 

江戸小紋は1色染めの単色染めで、柄が無地のようなので色によって様々なイメージに変わります。
小紋の柄は細かければ細かいほど価値があります。
一見無地に見える最高級なものは紋をつければ色無地と同格になり、略礼装として着られます。

 

江戸小紋の柄の種類として代表的なものは「鮫」「通し」「行儀」の3柄。
江戸小紋3役と呼ばれ、小紋の中では最も格が高いと言われています。
さらに「縞」「あられ」の2柄を加えて、江戸小紋5役と呼ばれています。

 

「鮫」は細かい点が規則的に扇形に弧を描くように並ぶ柄。
特に細かい鮫柄を「極鮫」と呼びます。
紀州徳川藩の定め柄です。

 

「通し」鮫と同じく点が並びますが、こちらは縦横一直線に整然と並ぶ柄。
点が四角っぽく並ぶので「角通し」とも呼ばれます。

 

「行儀」同じく点が並び、「通し」と似ていますが、点の並びは斜め。
お辞儀をする時斜めに頭を下げる姿が名前の謂れです。

 

「縞」縞はとても粋で江戸らしい柄。
縦地のストライプですが、縞の細かさで千筋・万筋・毛万筋・極筋などと呼ばれます。
最も細かい最上級の「極筋」は3cm間に26本縞が入ります。

 

「あられ」点がランダムに並んだ柄。
霰をイメージする柄です。
点の大きさが大小ある柄はもともとは島津藩の柄で、「大小あられ」と呼ばれます。

 

小紋に合わせる帯ですが、小紋は一般的には普段着なので、名古屋帯を合わせますが、最高級なものや、紋をつけて略礼装として着る場合は袋帯を合わせます。

江戸小紋(えどこもん) まとめ

江戸小紋とはなんぞや、というところからお話させていただきます。

 

着物の正装(訪問着など)は肩の方が上になるよう模様付けされていますが、顧問は上下の関係なく模様が入っていることから礼装、正装として着用することはできません。
ですが、江戸小紋は除外されます。

 

江戸小紋とは、元々は大名が着用した峠の模様付けです。
その美しく豪華な模様は大名間で張り合うほどで、江戸幕府から規制をかけられました。
そのため、遠くから見た場合は無地に見えるほどに模様が粉書くなり、結果としてかえって非常に高度な技術を駆使した染物になったといいます。

 

 

 

江戸時代から現代の人々まで魅了するその美しい色合いと柄の江戸小紋、手放すならば正当な価格で買い取っていただきたいですよね。

 

買取プレミアムでは、実際に査定員がお伺いして丁寧かつスピーディにお品物を拝見させていただき査定を行い、ご成約いただいた商品をお引取りしてその場で金額をお渡しさせていただきます。
もちろん訪問代金・査定代金はちょうだいしておりませんし査定金額に納得いただけなければキャンセルも可能です。

 

また、査定員に家で査定されるのが抵抗があるというお客様には持ち込み買取(予約制なのでお待たせいたしません。
電話一本でお申し込みいただけます)、
日中お時間がとれないお客様には宅配買取(送りたいお品物をダンボールに詰めて送っていただきます。
全国何処からでもご利用可能です)などの方法でも受付いたしております。

 

まずはお気軽にご相談ください。

 

江戸小紋(えどこもん)の文様・色柄

 

江戸小紋(えどこもん)の文様・色柄