MENU

染色家久保田一竹(くぼたいっちく)について

染色家久保田一竹(くぼたいっちく)について述べます。

 

久保田一竹は着物で特に訪問着の作製を得意としています。
染め方の特徴として、辻が花染めを多用しています。
これは室町時代に栄えた縫締染です。

 

始めは庶民の小袖から始まったと言われており、のちに武家に愛され、高級品として一世を風靡します。

 

その後、江戸時代初期以降は姿を消していきますが、その原因として友禅の出現が挙げられます。

 

これはより自由な絵画的表現が出来るまるで絵の様な着物を表現できる友禅が流行ったためです。

 

久保田一竹はこの美しさにひかれて伝統技術を学びます。

 

久保田一竹独自の解釈をこの辻が花染めに加えてより一層の進化を遂げることに成功しました。

 

デザインは様々な花が着物上であでやかに咲き誇るのが特徴です。

 

あちらこちらで咲く花は着る人にとって、まるで一面がお花畑の様な感覚を味わいさせます。
また、訪問着としても訪問される人をただその着物を着ているだけで幸せな気持ちにさせます。

 

色々な色彩のパターンが久保田一竹が作る着物にはありますが、中でも花に合えて色を付けない着物は絶品です。

 

通常は何色をつけるところをその周りに明るい色を付けて、さらにその模様にも工夫が施されており、周りも会えて色を付けない部分を設けることで違うお花が咲いているかのようなデザインです。

 

色の範囲をしっかりと分けているため、全体としてすっきりした印象を受け、幅広い場面で着用できます。

染色家久保田一竹(くぼたいっちく) まとめ

久保田一竹の着物買取して貰うなら買取プレミアムがおすすめです。
買取プレミアムなら、箱や説明書、また、万一保証書を紛失してしまっても買取対象にしてくれます。
久保田一竹の着物はとても高いので一般的には手が届かないほどの高値が付きます。
ところが、いったんそれを証明するものをなくしてしまうと、よりどころが無くなってしまうので普通のお店だと買取査定してくれません。
買取プレミアムなら、多くの在庫をそろえています。
久保田一竹の着物もありますので、その商品ごとでの比較対象したうえで、査定してくれます。
このため、本物かどうか、それにどれくらいの値打ちがあるのかを適正に判断してくれるので、万一保証書などをなくしてしまってもそれを省いた上で査定してくれます。
また、プライバシーに配慮している点もおすすめです。
家の中だと家族や親せきにわかってしまいます。
保証書が無いものを売ろうとしていると近所に噂が立ってしまう恐れもあります。
買取プレミアムなら、完全予約制のもとで、一人ひとり個室を用意してくれますので、安心して査定に望むことが出来ます。
また、店員の知識が深いので、こちらから商品説明を一からしなくてもすでに備わっている情報を元に客観的に判断してくれます。
久保田一竹の着物は似ている模様でも部分部分で微妙に色の濃淡が異なってくるため、パッと見ただけではその違いが分かりません。
こういった細かい所もフォローしてくれるので買取プレミアムがおすすめです。

 

染色家久保田一竹(くぼたいっちく)

 

染色家久保田一竹(くぼたいっちく)