MENU

首里織(しゅりおり)について

首里織とは、沖縄県の首里に古くから伝わる、長い伝統のある工芸品の中の一つです。

 

沖縄県が、琉球王国だった時代に親交があった、当時の中国や東南アジア諸国の国々から伝来した、織物の技術を活かして作られたもので、その時代には、王朝に仕える画家の描く図形を基に、島の女性たちが布を織って作り、御用布として当時の王朝に献上されていました。
首里織として制作された布は全て王朝に献上されていたため、布を織っていた女性たちの技術は、非常に高度のものだったであろうと推測されています。
首里織で出来た織物の紋様には、王族や貴族などの身分や位が高い者しか着用が許されなかったものから、士族以上の位の者が着用できるものなどがあり、庶民には着用できるものではありませんでした。

 

首里織の種類には、首里花倉織、首里花織、首里道屯織、首里絣、首里みんさー、煮綛芭蕉布、花織手巾などがあり、染料には、クチナシやウコン、ヤマモモやガジュマルなど、様々な植物が使用されています。
首里織特有の細かな織が施された帯は、シンプルなデザインの訪問着などにも、よく映えます。
日本に古来から伝わる織物とは一線を画す、独特な模様は、位の高い者しか着用できなかったというのも納得できるほど、格調高い、上品な雰囲気があります。
近年では、その伝統ある技術を後世に残そうと、後継者の育成が国や県などの支援の下、活発に行われており、素晴らしい技術の数々を風化させない取り組みがされています。

首里織(しゅりおり) まとめ

首里織の着物を買い取ってもらう際には、着物の買い取りを得意としている買取業者に依頼することが高価買取に繋がります。
買取プレミアムは着物の買取を得意としており、着物の相場価格などを熟知しています。
首里織は非常に価値のある着物ですが、買取プレミアムのスタッフは首里織の価値の高さを十分に認識しており、首里織の価値に見合った買取価格を提示してくれます。

 

首里織の着物は高価ですので、なるべく外に持ち出さないようにすることが賢明です。
買取プレミアムは出張買取に対応しており、わざわざ店舗に首里織の着物を持ち込まなくても、買取プレミアムのスタッフが自宅まで買取に来てもらえます。
査定はその場で行われ、査定額に納得できればすぐに現金を受け取れます。
すぐに現金化することができるため、急に現金が必要になった時などは非常に重宝します。

 

買取プレミアムの出張買取は着物1点からでも可能です。
営業時間は365日24時間で、土日祝も営業を行っていますので、都合の良い日に自宅まで買取に来てもらえます。
近くに買取プレミアムの店舗がなくて出張買取ができない場合は、買取プレミアムは宅配買取にも対応していますので、宅配買取での買取が可能です。

 

買取プレミアムの宅配買取の利用方法は、連絡をするとダンボール箱を送ってくれますので、ダンボール箱に首里織の着物を入れて買取プレミアムに送ると査定をしてもらえます。
査定額に納得できれば、あらかじめ指定していた銀行口座に買取金額が入金されます。

 

首里織(しゅりおり)

 

首里織(しゅりおり)