MENU

着物を古着として売るなら知っておきたいことは?

着物を処分する方法として、古着屋に売却をすることは最も一般的な方法ではないかと思います。
捨ててしまえばゼロですが、売却すればいくらかお金になります。
また、最近は中古の着物をベースにしたリメイク品なども多く出ていますが、リメイクも不要ということであれば売却するのがやはり手っ取り早い処分方法であるといえるでしょう。

 

しかし、古着屋に売却するとしても、私服でなく着物となると話は簡単に進みません。
なぜなら、古着として買取りをしている店がさほど多くないからです。
服を買い取ってくれる店は近くにたくさんあるし、インターネットを検索すればたくさんヒットするけど?と思われるかもしれません。
しかしお店に問い合わせると、私服やカジュアルなアクセサリーなどの普段使いできる物は引き取っているけれど和服といった普段使いできない、そして着る場所が限られる衣服は買取りできないと言われることがあります。

 

実はこれ、決して珍しいことではありません。
中には最初から買取りしませんとはっきり書いている古着屋もあります。
中古の服の買取りをしているからといって和服も必ず引き取って来るというわけではないので要注意です。

 

着物を古着として売る場合は、専門店にお願いするのがよいでしょう。
古着屋の中には着物の買取りを得意としているところ、また、和服を専門に扱っているお店があります。

 

特に和服は査定が難しく、買い取った後にお店側の保存の問題で、価値を下げてしまうという懸念があります。
普通のお店ではなかなか買い取りたがらないことも多いですが、専門店は和服買取りのプロですから、持ち込みから買取りまでとてもスムーズに進みます。

 

また、同じ古着屋でも着物専門のお店は和服鑑定のプロとしてやっているところが多いため、証紙や箱、着物と対になった帯などがあると、そういったことも考慮して値段に反映させてくれます。
これは和服の査定に慣れていないお店ではなかなか難しいことです。
着物を古着として売るのなら、こういったことを是非知っておきましょう。