MENU

本場黄八丈(ほんばきはちじょう)について

本場黄八丈は、東京都八丈島に古くから伝わる草木染めの絹織物です。
もともと八丈島は良質な絹織物を生産する場所だった事から、室町時代の頃から本土の権力者に目をつけられ、この絹を求めて争いが起こっていました。
江戸時代になると八丈島は徳川幕府の直轄地になり、品質の高さから生産された黄八丈は年貢として納められるようになりました。
こうして八丈島の経済は黄八丈とそれを作り出す女性によって支えられてきたのです。
本場黄八丈は現在、伝統的工芸品として国の指定を受けています。

 

本場黄八丈の特徴は、まず糸ですが生糸や真綿のつむぎ糸、またはこれらと同じ材質を持つ絹糸を使用しています。
そして一番の特徴は、八丈島に自生する植物の八丈刈安で染めた明るい色が特徴です。
八丈刈安とは湿地帯に生える一年草で田んぼや畑でよく見かけます。
八丈刈安の煮汁で絹糸を黄色や茶色、黒色の3色に染め上げていきます。
その染められた糸を平織りや綾織りして、縞模様や格子模様に織り上げていきます。
本場黄八丈は八丈刈安を原料とした天然の染料で染め上げていくので、長い年月が経っても変色する事が無く、洗うたびに色が鮮やかになっていくので昔から人々に愛されています。

 

黄八丈は、東京の八丈島以外にも秋田県でハナマスなどを原料とした染料を使ったものが織られているので、秋田で作られたものを秋田黄八丈と呼び、東京都八丈島で作られたものを本場黄八丈と区別して呼んでいます。

本場黄八丈(ほんばきはちじょう) まとめ

本場黄八丈の着物とは、東京都伊豆八丈島で、高機で織られる先染めの絹織物のことをいいます。
植物染料の刈安で染められた、独特の黄色い色が特長です。
縞や格子模様などがあります。
最近では高価なものですので、買取専門店に出す場合には、信頼の出来る業者に相談をするようにします。

 

着物の買取専門店として、評判のよいところに、買取プレミアムがあります。
熟練の鑑定士が、確かな技術で、査定をしてくれることで評判がよくなっています。
ある程度の値段のした、本場黄八丈などは、買取プレミアムに持ち込むと、安心出来ます。

 

買取プレミアムは、全国対応ですので、近くに買取専門店がない場合にも好評です。
出張料は無料で、訪問査定をしていますので、連絡をすると、スピーディに対応してくれます。
また、買い取ってもらえる場合には、その場で、現金で支払われます。
様々な手続きは不要で、すぐに現金が手に入る点も、買取プレミアムの魅力となっています。

 

買取プレミアムでは、買取実績が信頼出来るため、買い取った着物を独自のノウハウで、さばくことの出来る強さがあります。
したがって、持ち込んだ着物を買い取ってもらえる可能性が高くなります。
本場黄八丈のような高価な着物を持っていて、売りたい場合には、買取プレミアムの名前を覚えておくと、役に立ちます。

 

問い合わせや相談は、フリーダイヤルが紹介されていますので、無料で対応してくれます。
メールでも問い合わせは可能です。

 

本場黄八丈(ほんばきはちじょう)について

 

本場黄八丈(ほんばきはちじょう)について