MENU

本塩沢(ほんしおざわ)について

本塩沢(ほんしおざわ)」は新潟県の塩沢地方で織られる反物で、「塩沢お召し」とも呼ばれますが、「本塩沢」という名称で国の伝統工芸品に指定されています。
同じ塩沢には、「塩沢上布」や「塩沢紬」という織物がありますが、それぞれ本塩沢とは違う種類の糸で織られている別のものになります。

 

塩沢地方では昔から麻を使って緯(よこ)糸に強い撚りをかけて織り上げた後、湯もみによりシボを立たせた「塩沢上布」という織物が織られてきました。
本塩沢はその手法を使い、絹糸でシボを出した織物です。
手で触ると感じる凹凸間が反物に表情を与えるだけでなく、肌にまとわりつかないさらっとした肌触りとシャリ感を生み出します。
実際に本塩沢を手で擦ったり、揉んで見るとシャリシャリという音がしますが、この風合いは他のきものにはない本塩沢独特のものです。
そのため本塩沢は夏の着物に合う。
とよく言われており、単衣で仕立てられることが多く、「単衣の定番」と言われています。
「塩沢お召し」は広義の名称のため、昔ながらの伝統を重んじ手織りで作られているものを「本塩沢」と呼んで区別しています。

 

本塩沢の柄は基本的には十文字絣や亀甲絣という非常に細かい絣柄を組み合わせて柄を構成していくスタイル。
夏の着物として定評があるせいもあり、濃い色もちろんありますが、白や淡いパステルカラーのソフトな色調でグラデーションをつけたものが多く、強燃糸を使うため美しい光沢があります。
その織りの技法からくる性質で、雨など水分や湿気に弱いので、注意が必要です。

本塩沢(ほんしおざわ) まとめ

本塩沢の着物を買取して貰うなら買取プレミアムがおすすめです。
中古品でも高い本塩沢の着物は持ち運びに非常に気を遣います。
運んでいる最中に落として汚してしまったり破れてしまうと商品としての価値を下げてしまい、最悪の場合、値段が付かないことも多々あります。
その点買取プレミアムなら、自宅で査定してくれる上にその場で買取してくれるので安心して査定に望むことが出来ます。
また、自宅で査定しているのを他人に知られたくないという人でも安心できるように持ち込み査定を行っています。
完全予約制ですので、自分が都合いい時に行けるというわけではありませんが、その分個室で対応してくれるのでプライバシーが守られた状態で落ち着いて商品の素晴らしさを伝えることが出来ます。
本塩沢は一見、シンプルな色合いに見えても、よく見ると幾重にも色が重なりまるで1つの絵画を見ているかのような印象を与えます。
買取プレミアムの店員はあらゆる着物に対する深い知識を備えていますので、こちらが商品の素晴らしさを伝え忘れてしまったとしても、大丈夫なようになっています。
細かな査定ポイントをもって公平に判断してくれるので本当にいいものであるのであれば、高く買い取ってくれます。
そして、在庫を多く抱えていますので、商品ごとの比較対象をしたうえで査定を行ってくれます。
客観的に判断してくれる上でも安心できます。
以上の点から買取プレミアムでの買取をおすすめします。

 

本塩沢(ほんしおざわ)について

 

本塩沢(ほんしおざわ)について