MENU

加賀友禅を代表する柿本 市郎(かきもと いちろう)について

柿本 市郎は現在、加賀友禅の世界では代表的な存在の作家で、メディアにも数多く取り上げられています。

 

金沢の伝統工芸技術者の養成所とも呼ばれている石川県立工業高校の出身で、卒業後すぐに加賀友禅作家の金丸充夫氏に弟子入りし、その後も加賀友禅作家で人間国宝の木村雨山に師事していた木村雨山や能川光陽のもとで技術を学びました。

 

加賀友禅は加賀百万石の武家文化で生まれ、加賀染めと友禅染めが合わさった手描きの着物染めの技法です。

 

加賀友禅は、金箔や刺繍、絞りなどの派手な技法を一切使わず、加賀五彩といわれる黄土、深緑、古代紫、藍、墨の5色を基本の色として、これらを組み合わせて中間色を作っていきます。

 

いずれも地味な色ですが、柿本 市郎氏はメディアの取材に対して、この地味な色合いが金沢の風土に合っているのだと話しています。

 

柿本 市郎の着物の特徴は、対象物を徹底的にスケッチすることから生まれるリアルな描写と、繊細な紋様のデザインです。

 

またその繊細な紋様に合う独特の配色にも特徴があり、加賀五彩を絶妙に調合して彩色された色合いは、金沢の曇天のような美しさと評されます。

 

そのため、着物いっぱいに描かれた柄も、華美になりすぎず品格があります。

 

紋様が黒地に映える黒留袖が特に人気で、高価な品物ではありますが、親から子へ代々受け継いで着続けられています。

 

自然の草花や鳥などを忠実に描写しながら、着物として身にまとうことを念頭に図案に取り込んでいる、優れたデザインが光る作風です。

加賀友禅を代表する柿本 市郎(かきもと いちろう) まとめ

柿本 市郎は近年の加賀友禅の世界を代表する作家の一人として、メディアに取り上げられることも多く、また氏の作品も高価でありながら大変人気があります。

 

加賀友禅は加賀染めと友禅染めが融合して生まれ、金沢の歴史と風土に育まれた手描きの染め技法です。

 

加賀友禅は黄土、深緑、古代紫、藍、墨の加賀五彩と呼ばれる5色を組み合わせて描かれ、鳥や花などのモチーフを写実的に描いた柄であることが一般的です。

 

柿本 市郎はモチーフとなる動物や自然の植物を徹底的にスケッチし、緻密に描写する作風で知られています。

 

また写実的に描くだけでなく、着物の柄として活きるように配置、配色するデザイン力にも評価が高まっています。

 

作品の配色は加賀五彩をベースに、豊かな中間色で彩色されており、派手になりすぎない上品な華やかさがあります。

 

この宝石のような着物は、親から子へと継承して着続ける人がいるほど手放しがたく、価値の高い品物です。

 

それでもどうしても手放さなければいけない時が来たとしたら、価値の理解できる業者に、できるだけ良い値段で買い取ってもらいたいですよね。

 

そこでおすすめなのが、高価な染着物の買取に慣れた、買取プレミアムです。

 

染着物の高額買い取りの実績が多く、ベテランの査定員に一点ずつ丁寧に査定してもらえます。

 

古い着物、証紙の無い着物、染みのある着物など、状態に不安がある品物でも買い取りできる可能性があるので、まずは相談してみることをおすすめします。

 

現在の着物ブームで、染着物の市場価値が高まっているので、思わぬ高価で買い取りしてもらえるかもしれません。

 

加賀友禅を代表する柿本 市郎(かきもと いちろう)について

 

加賀友禅を代表する柿本 市郎(かきもと いちろう)について