MENU

加賀友禅の木村雨山(きむらうざん)について

加賀友禅の木村雨山(きむらうざん)について述べます。

 

まず、木村雨山は加賀友禅の名工である上村松太郎のもとで、加賀友禅の技法を修め、南画家大西金陽に日本画の手ほどきを受けました。

 

独立したその後は、洋画家である岡田三郎助や、東京美術学校校長である正木直彦らの指導の下、加賀染の古い名品を見る機会にも恵まれます。

 

この経験により、より芸術性の高い着物を軸として加賀友禅を作り上げていきます。

 

その木村雨山が得意とした加賀友禅ですが、通常ぼかしを採り入れた絵画的な作法を特色とするのが一般的ですが、木村雨山は写生による図案を元に製作を行います。

 

このため、作品にリアリティーがあります。

 

日本画の技法を駆使して、濃淡の色調を巧みに表現して着物を作っていきます。

 

この色ですが、薄い色を用いてもその色が隣の濃い色で消えてしまわぬように常に全体を意識したまるで1枚の絵の様な着物になるのが特徴です。

 

俵屋宗達、尾形光琳風の色調を表現することで、ノスタルジーを感じる着物に仕上がっています。

 

柔軟な感受性を基準として伝統的な技術に新しい解釈をもたらしているのが、木村雨山の真骨頂と言っても過言ではありません。

 

日本の伝統的な美意識を写生調の図案に託しています。

 

大和式の意匠構成を現代的な感覚を元にまとめた優雅でみずみずしい新境地を開拓しています。

 

豊かな色彩感覚と美的感覚を持った木村雨山の着物は一度来てみるとその素晴らしさが直ぐ感じ取れます。

加賀友禅の木村雨山(きむらうざん) まとめ

木村雨山の着物を買取して貰うなら買取プレミアムがおすすめです。
理由としてはまず、買取プレミアムが加賀友禅の豊富な在庫をそろえている点が挙げられます。

 

通常、加賀友禅の着物は高級品ですが、木村雨山の作品となるとさらに価値が高まります。
着物の値段を越えた額ですので、そもそも市場にさほど出回りません。
このため、普通の店なら商品ごとの比較がしづらく、どこに重きを置いて査定したらいいのか難しくなります。

 

当然査定も厳しいものになりがちになってしまいます。
買取プレミアムなら全国展開しており、今までの実績をもとにした豊富な在庫をそろえていますので、商品ごとの比較をしたうえで適正な買取査定をしてくれます。
また、全国展開により多くの需要を持っているのも強みです。
いくらいい商品と言っても需要と供給があっていないと、高く買取してもらうのは難しいです。

 

その商品の価値をよく知っているがお客さんとして対象になる可能性が高い買取プレミアムはそういった意味でも高く買取してくれます。
また、直接自宅に来て買取してくれる点も大きいです。
加賀友禅の木村雨山の着物は細心の注意を払わなければ、特に着物に施されている美しい模様が崩れてしまいがちです。

 

着物はいくら高くても傷や汚れがついてしまうと半分以下の価値のなってしまいます。
そのような可能性を査定段階以前に排除してくれるので、その分査定金額が上乗せした形で買取してくれるのでおすすめです。

 

加賀友禅の木村雨山(きむらうざん)について

 

加賀友禅の木村雨山(きむらうざん)について