MENU

色々な織の技法を知る、北村武資(きたむら たけし)について

北村武資は、1935年、京都市下京区五条に生まれ、15歳で織物の見習い工として、西陣で働き始めています。

 

織物産業の最有力地域西陣で、織りの技術をゼロから一つ一つ体得していきました。

 

織物の研究を重ね、20代後半で古代の織物の復元を志すようになります。

 

そして、正倉院展で見た「経錦」や、馬王堆から発掘された「羅」の技法に心を奪われます。

 

西陣織の技術を駆使して、誰からも教わることなく、古代織の制作に没頭しました。

 

やがて北村武資は、伝統的な「経錦」の技法を元に、独自の「織」を創成し、現代に復元することに成功するのです。

 

1955 年に「羅」、そして2000 年に「経錦」で人間国宝に認定されます。

 

経糸が網目状に組織される綟織の「羅」は、古代中国から伝わった技法で、「幻の織物」と言われていました。

 

復元不可能な技法でしたが、それを独自に復活させたのが、北村武資氏です。

 

それからも、3色以上の経糸で模様を織り成す「経錦」を、現代に復元しています。

 

北村武資は、織物を構造体として捉え、織物の創造性を示してきました。

 

色彩においても、時に鮮やかな色も大胆に用い、揺るぎない自信と確信を持っていたのでした。

 

着た人の姿勢や立ち居振る舞いで、着物や帯も変化します。

 

又身に着けることによって、着物や帯の価値が見いだされ、織物は生きてきます。

 

それは、常に染織の最前線に立って、織物に挑戦し続けてきた、北村武資の理念でもあったのでしょう。

色々な織の技法を知る、北村武資(きたむら たけし) まとめ

北村武資の着物を買取して貰うなら買取プレミアムがおすすめです。

 

北村武資の着物は非常に高く、中古品でもかなり高い値段が付きます。
通常の店なら高く買取してくれますが、その分、査定は厳しくなります。

 

買った時の正規の箱に入ったまま保存しているか、保存状態は悪くないか、変なにおいがついていないか、傷や汚れがついていないかを細かく見たうえで査定します。
1つでもケチがついてしまうと著しく値段を下げる査定方法なので、中々金額が上がりません。

 

その点、買取プレミアムなら、豊富な在庫を元に商品ごとの比較をしたうえで、個別査定をしてくれるので、値段が一定のライン以上下がることはありません。
買った時の半額以下の値段になることはそれほどないので、安心して査定に望むことが出来ます。

 

心配なら無料で査定を行っていますので、おおよその金額を把握した上で買取してもらうか判断できるのも大きいです。

 

買取となるとどうしても店側主体で買い取ってもらう方は受動的になりがちですが、買取プレミアムの場合は、査定ポイントを丁寧かつ公平に行ってくれるので、売る方としてもどこにどのような金額がついたのかを理解したうえで金額交渉に入ることが出来るので、能動的に交渉に移れます。

 

また、自宅に来て直接査定してくれるので、商品を動かさずに査定することが出来る点も大きいです。
予めそのような心配を排除した状態で仕事してくれるため、北村武資の着物を買取してもらうことを望んでいます。

 

色々な織の技法を知る、北村武資(きたむら たけし)

 

色々な織の技法を知る、北村武資(きたむら たけし)