MENU

久留米絣(くるめかすり)について

落ち着いた風合いが魅力の久留米絣は、福岡県の筑後地方で誕生した木綿の着物です。
この織物の始まりは今からおよそ200年前になり、考案した図案を元に「括り」という技法で糸を染めてから、数々の工程を経て反物に仕上げていきます。
久留米絣の作業工程は約30ほどに分かれていて、反物が完成するまでには約2ヶ月~3ヶ月かかります。

 

括りとは、柄になる部分に別の糸を巻きつけて染色しないようにする技法です。
括り部分は糊付けされているため、染色中に糸が解けることはなく、染色後に括りの糸を解くと、白い部分と染められた部分のある糸が出来上がります。
ここから糊つけと乾燥を行い、図案通りに糸を並べる「割り込み」、図案通りに並べた糸が崩れないようにする「経巻」、まとめた糸を巻き取る「管巻」などの幾つもの工程を経て完成した反物は、2時間ほどお湯につけてから天日干しをして完成します。

 

久留米絣は丈夫で着心地が良く、久留米藩がこの織物に力を注いでいたことから、日常の着物として定着していました。
それ以前の庶民の着物は無地が多かったため、紺色に白い模様が浮かび上がる久留米絣は瞬く間に評判となり、最盛期には年間200万反以上もの生産数がありました。

 

しかし生活様式が洋風になるにつれて久留米絣の生産数は減少し、特別な日に着物を着用することはあっても、日常的に着ることは少なくなりました。
伝統的な技法を用いて完成する久留米絣の温かみのある柄と質感は、反物とは縁遠い世代からも受け入れられていて、今では洋服や小物の生地に利用されています。

久留米絣(くるめかすり) まとめ

気にいって買った物や大切な方からいただいた物、また、結婚祝いとしてご両親から持たせてもらった物など、着物にはその方にそって多くの思い出があるものです。
しかし、最近では着物を着る機会も減少しており、売却をお考えの方も増えています。

 

そこで、着物を売却する際の例として、久留米絣という福岡県久留米市周辺で製造されている着物の売却を考えてみます。
「くるめかすり」と読み、藍染めが主体の非常に美しい織物です。
その久留米絣ですが、売却を考えた場合には、売却先の選定が難しくなります。
一般的なリサイクルショップでは価値が正当に評価されない可能性がありますし、その後の再販でもできる限り価値の分かる方に使ってもらいたいものです。

 

そこで、着物を始めとして、宝飾品やブランド品などの買取りを専門に行っている買取プレミアムがおすすめです。
買取りプレミアムでは、価値のあるものをしっかりと査定するための従業員教育やノウハウがそろっていますので、安心して売却することができます。
また、その品物を購入される方も、価値のあるものをきちんとした対価で購入することが目的なので、購入後に丁寧に扱ってもらうことができます。

 

査定や買取に係る費用はすべて無料ですし、年中無休で24時間体制の受付を行っています。
また、自宅への無料出張買取を依頼することもできますので、持ち運びの難しい着物や、量が多い場合などはありがたいサービスです。
買取金額を受け取りも、現金ですぐに受け取ることが可能ですので、振り込まれるまでの時間を待つ必要がありません。
まずは、お気軽に問い合わせから始められることをおすすめします。

 

久留米絣(くるめかすり)について

 

久留米絣(くるめかすり)について