MENU

宮古上布(みやこじょうふ)について

宮古上布とは、15世紀ごろから苧麻を原料として織られていた麻織物です。
今のような藍染の紺上布として完成されたのは1583年に琉球の尚永王に献上されたとして記録に残っている綾錆布が記録に残された最初のものです。
現在は、藍染の紺地に白い十字絣で模様を出しているものを宮古上布と呼ばれています。
また、八重山上布も沖縄の大自然で生み出された伝統織物の一つです。
宮古上布では紺地のように濃い色が多いですが、八重山上布では白などの薄い地色が多いのが対照的です。
宮古上布や、八重山上布に代表される沖縄の伝統的な染織物は、現在、小物などに特に人気があります。
伝統的技法で苧麻を紡いで作られた織物ではブラウスや小物反物が数多くそろえられており、衣類、着物、小物などのオーダーメイドで創作する工房なども数多くあるため利用者が近年増加しています。
沖縄は、琉球王国として、東南アジアや中国との貿易、海外交流が盛んにおこなわれてきたため独自の文化圏を形成されています。
そのため宮古上布や八重山上布に代表される染折りも、琉球独自の素材を活かして、本土では味わえない独特の色彩美通りを発展させています。
それぞれのブランドに素材や染折り技法が違いがあり、それぞれの味わいが楽しめるのも大きな特徴です。
宮古上布は重要無形文化財の指定を受けています。
宮古上布は宮古島で発展し、八重山上布は、竹富島や石垣島で発展してきたという歴史があります。
色とりどりの沖縄の染織物を楽しんでみてはいかがでしょうか。
まずは小物からでも楽しむことができます。

宮古上布買取では、買取プレミアムがおすすめとなります。
おすすめの理由としては、1つに利便性に特化したサービスが設けられている点があり、ここでは、利用にかかる費用が全て無料であること、365日・24時間の受付対応、日本全国対応、現金即払い、高価買取、査定員の質の高さの6つの内容があります。
特に、着物に関しては査定員の質の高さは重要な要素の1つとなり、買取プレミアムでは査定員に対して社内研修や外部セミナーを設けることで、豊富な知識を持ち商品の取扱いのできる担当者を配備しています。
商品に特化したスペシャリストによる査定が行われるために、利用者には適正価格が提示されることになり、伝統品でもある麻織物の宮古上布でも納得のいく値段で売ることができます。

 

2つ目のおすすめ理由としては、買取方法が選べる点があります。
買取プレミアムでは出張買取、宅配買取、持込買取の3つの方法を設けており、利用者は自分が好きな方法で買取を依頼することができ、日本全国対応となっているために遠方でも自由に選ぶことができます。

 

買取プレミアムでは、これまでも様々な着物の買取を行うなど高い実績があり、全国で多くの人が利用をしています。
買取は着物の状態に関わらず対応をしており、例えば、柄や色が古い着物、汚れやシワが付いてしまった着物でも対象となります。
また、帯締めや草履、バッグなどの和装小物や、証紙や証明書の無い着物や価値の分からない反物でも買取を行っており、気兼ねなく査定を依頼することができます。

 

宮古上布(みやこじょうふ)

 

宮古上布(みやこじょうふ)