MENU

琉球絣(りゅうきゅうかすり)について

琉球絣は14世紀から15世紀ころにインドから東南アジアを経て琉球(今の沖縄)に入ってきました。

その頃から主な産地は南風原で、今では琉球絣のほとんどは南風原で作られています。
それらが海を越えて薩摩絣や伊予絣など、本土の絣の源流となりました。

 

その琉球絣の特徴として挙げられるのが柄の多様さにあります。その数はおよそ600種と言われ、これらは王朝時代から伝えられている御絵図帳をもとにデザインされています。
御絵図は植物や動物、生活用品などをもとにした模様で、一つ一つに意味が込められています。
代表としては鳥を意味するトゥイグァー、雲を象ったイチチマルグムーなどの身近なものをデザインしたものの他に、ビックーというべっこうをもとにした長寿を願うための模様もあります。

 

織り方は、緯糸を経糸の間に投げ込んで織っていくもので、非常に丹念に織り込んでいくため1~2mほどしか1日に織ることができません。
また、各工程(糸を括る、染める、織る)には専門の職人がおり、分業体制ができているのも特徴です。

 

デザインを作る→デザインにあわせて糸を括る→織る、というのが大まかな流れですが、絣模様がずれないようにする為の糊付けなど、品質を高めるための工程が間に入ってきます。

 

このように琉球絣は大変に手間隙のかかる反物ですが、品質の証明のために南風原産のものには証紙を添付して販売するなど、顧客へ安心感を与えられるような配慮をしていることも評価されている理由の一つです。

琉球絣(りゅうきゅうかすり) まとめ

琉球絣の着物を買取して貰うなら買取プレミアムがおすすめです。

 

その理由は買取プレミアムが全国展開していますので、在庫を多くそろえていることによります。
琉球絣の着物は高価で一般の人がなかなか買えない品です。

 

このため、在庫を抱えている店が少なく、商品同士の比較が難しくなります。
あるものと比較して査定するため、その対象が無いと、どこで料金加算をしたらいいのか店側の判断が難しくなるので、買取金額も厳しくなりがちです。

 

このため、買取プレミアムなら、全国で展開している強みを生かして、多くのお客さんに届けることが出来ます。
もちろん琉球絣の着物も例外ではありません。

 

在庫を多くそろえているのでそれぞれの比較がしやすく、本当に素晴らしいものなら、高く買取査定してくれます。
また、プライバシーに配慮している点もおすすめです。

 

自宅での査定の場合、近所に評判が立ってしまうので、恥ずかしくなってしまいます。
買取プレミアムなら完全予約制の元、一人ひとり個別対応してくれるので、誰の目も触れずに相談できます。

 

いざ買取となったらその場で買取してくれるので、忙しい人でもうってつけのお店になっています。
また、店員の知識が深いため、こちらから色々商品の素晴らしさを伝えなくとも、客観的で公平な判断を下してくれます。

 

情報を漏らすことなく査定してくれるので評価してくれるポイントが通常に比べてかなり多いのがありがたいのでおすすめです。

 

琉球絣(りゅうきゅうかすり)

 

琉球絣(りゅうきゅうかすり)