MENU

染色家の志村 ふくみ(しむら ふくみ)について

志村ふくみさん(1924~)は紬織りの作家で、染織家です。

1990年に紬織りの重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。
志村さんは母の影響を受け、離婚後シングルマザーになった31歳の時に染織を始め、その後様々な賞を受賞され、90歳を過ぎた今もなお現役として活躍されています。
志村さんは随筆家としても有名な方で、多くの著作を発表されています。
志村さんの染織した作品は着物の形にされ販売されていますし、各地の美術館などで展覧会も行われています。

 

志村さんの作品の特徴は、全て天然の植物染料で染めた絹の紬糸で織られているということです。
紬糸とは、繭から生糸を作るときに切れたりしたくず繭や真綿を紡いで作った糸のことで、生糸より太く、その紡ぎ方から太さは不均一。
節があったりする、より自然な風合いの絹糸のことです。
その絹糸を自然の色で染め、織りあげた反物は微妙な色のグラデーションが美しく、従来ある古典的な大島紬や塩沢紬などの柄とは一線を画した、現代的かつモダンな柄ゆきです。
柄は古典柄とは違いますが、その草木染の天然の色合いと美しい色のグラデーションで、自然と馴染み、時代を超越しており、他のどの着物とも違う、志村さんしか作りえない個性を持っています。
また、志村さんの着物は「平織り」で作られています。
「平織り」というのは、縦糸と緯糸(よこ糸)を交互に重ねた織物の中では一番原始的な織り方。
単純な織り方なのに、出来上がった織物は非常に複雑な深い色の組み合わせで、唯一無二の美しさです。

染色家の志村 ふくみ(しむら ふくみ) まとめ

志村 ふくみとは人間国宝として知られている人物であり、特に着物などの作家として名前が知られている人物となっています。
そのため志村 ふくみが制作した着物は非常に高価な価格で売買されているのですが、通常の買い取り業者を利用した場合はその価値がわからないということで正しい査定価格が望めない場合があります。

 

そのため基本的には着物の専門的な買い取りサービスを行っているところがおすすめされているのですが、その中でも特におすすめされているサイトとして人気を集めているのが「買取プレミアム」です。
買取プレミアムは着物買取の大手サイトとして知られており、着物に関する知識が豊富であると言う事から志村 ふくみなどの有名作家の作品を正しく査定してもらえると言う事を期待することが出来ます。

 

また買取プレミアムは出張買取や宅配買取を中心として行っているので、自分たちで直接着物を持ち込む必要がないというところもおすすめのポイントの一つです。
と言うのも着物を持ち込む場合はどうしても汚れやほつれができてしまう可能性が出てきてしまいますし、そうなってしまうと人間国宝級の作品でも買取価格に影響が出てしまいます。
しかも着物を持ち運んでいる姿と言うのは見られたくないと考えている人が多いので、そのような問題を解決してくれる出張買取や宅配買取は着物にとっても利用する人にとってもメリットの多いサービスであると言えます。

 

このようなことから志村 ふくみの着物を買い取って欲しいと考えるのであれば、買取プレミアムがおすすめされているのです。

 

染色家の志村 ふくみ(しむら ふくみ)について

 

染色家の志村 ふくみ(しむら ふくみ)について