MENU

着物買取をするときは相場を知ってから

着物を知らない人にとっては、着物はどれも同じような形に見えて違いが分からないものですが、着物は高価なものでもあり素材や絵柄、色や織りなどによっても雲泥の価格の差があります。
着ていない着物を買取に出そうと思った時には、正しい価値を評価してくれる店舗に出す必要があります。

 

リサイクルショップでは、家電や家具、洋服や雑貨類など豊富な種類の商品の買取をしているので、家にある不用品をまとめて処分したいという場合には非常に役立ちます。
しかし、着物などの専門的なアイテムになれば、リサイクルショップでは着物の知識を持ったスタッフがいないことから驚くような安値で買い取られてしまうこともあります。
せっかくの良いものは専門の買取店を利用する必要があり、着物なら着物買取店を利用してみましょう。

 

なぜ、着物買取は相場を知ってからのほうが良いのか?

着物買取店は全国にたくさんあり、店舗ごとに査定額の差が生まれる可能性もあります。
より高く買ってもらうためにも、売りたい着物の相場を知っておくということも重要です。
査定はどの店舗でも無料で提供されているサービスなので、より多くの店舗に査定を出して比較してみるといいでしょう。
ただし、査定額は着物の品質の他にも流行や人気によっても価格が変動します。
去年査定をしてもらったというものならば、その時から一年もたっていれば査定額が下がっていることもあります。
短期間のうちに複数の店舗に査定を出してみて、より高い査定額を出してくれた店舗には早めに取引に行くといいでしょう。

 

店舗によっては、その査定額を保証してくれる期間を設定していることもあるので、期限に間に合うように利用してみましょう。
流行によっては査定額がアップするという可能性もあるのですが、一般的には年数がたつにつれて劣化をすることにもなるので、早めに売った方が高い査定額が付く可能性があります。
もう自分では着ないという着物があれば、早めに店舗に持って行くというのも高価買取のコツです。