MENU

牛首紬(うしくびつむぎ)について

牛首紬(うしくびつむぎ)とは主に石川県白山市白峰地区において生産される紬織物で、釘を抜けるほど丈夫な織物でもあることから釘抜紬(くぎぬきつむぎ)とも言われてます。

名称の由来は石川県白山市白峰が明治初期までは牛首村と呼ばれていたところからきています。

 

絹糸の原料である蚕の繭は通常一匹の蚕が作るものですが、稀に二匹の蚕が一つの繭を作ることがあり、これを玉繭と呼びます。
玉繭は二匹の糸が複雑に絡み合っているため製糸は難しく、普通は一度真綿にしてから糸にしますが、白峰の人々は伝統の技である「のべ引き」という熱いお湯の中で糸を引き出す手法を用い、「糸はたき」という作業で引き出した糸に空気を含ませます。
玉繭から直接引き出した糸を横糸として、通常の絹糸を縦糸として織りあげたものが牛首紬となります。
玉繭の糸は何本もの繊維が絡みつくため所々に節が出来、これは織物にしても残るので牛首紬の特徴でもあります。

 

牛首紬は訪問着として着用されることが多く、結婚式やお茶会、他家への訪問など社交的な場面で多く用いられます。
訪問着の着物に合わせる帯は使用する場面によって合うものが変わり、軽めの訪問先(街着など)などであれば名古屋帯などが良く合います。
フォーマルな装いにするのであれば、格調高い袋帯を合わせます。
金箔・銀箔が入ったものが一般的で、古典的な柄の帯や、泊や刺繍が入ったようなもので豪華な袋帯を合わせると良いです。
錦織や佐賀錦、唐織、つづれ織りの袋帯などがぴったりです。

牛首紬(うしくびつむぎ) まとめ

着物にもブランドがあり、伝統工芸品や無形文化財などに指定されているものや、有名作家が制作したものは価値が高くなります。
加賀友禅は有名で人気のある織物ですが、牛首紬も歴史があり、石川県の無形文化財とされるほどの織物です。
白生地を手織りで織るのが特徴です。

 

 

最近は和装する人が減ってきています。
自分では着物は着ないけれども、家族などから譲り受けた着物や遺品整理などで着物の処分に困ることがあります。
もし不要になった着物を処分したい、という場合は着物を買い取る業者に依頼しましょう。
特に牛首紬のような高い価値があるような着物をお持ちなら、買取プレミアムがおすすめです。
リサイクルショップなどでも売ることは可能ですが、その品物の価値を知らないスタッフが査定すると、価値が下がり高額買取りが期待できません。
買取プレミアムは、高価古物買取専門店であるため、価値のある品物をきちんと見極めてくれます。
買取プレミアムで売ることが可能なものは、高価な着物だけでなく、古いものや汚れのある着物や、帯締めやバッグなどの小物も大丈夫です。
着物の量が多い場合は、出張買取や宅配買取りも依頼できます。
出張の場合も宅配の場合も、査定は無料です。
金額に納得すれば買取りが成立します。

 

 

特に自分では着物の価値がわからない場合、着物を専門に取り扱う業者に依頼することがおすすめです。
思わぬ金額で不要な着物を買い取ってもらえる可能性があります。

 

牛首紬(うしくびつむぎ)

 

牛首紬(うしくびつむぎ)