MENU

八重山上布(やえやまじょうふ)について

八重山上布(やえやまじょうふ)とは沖縄県八重山地方の、おもに石垣島で生産される麻織物のことです。

白地に赤茶色の植物染料で絣模様を摺り込み染にしたものです。
いくつかある沖縄地方の織物の中でも摺り込み技法を使うのは八重山上布のみです。
また、赤い独特の染料は「紅露(クール)」という西表島に自生しているヤマイモ科の植物から取られています。
麻糸を細く手紡ぎし、丁寧に織られた布は通気性に富み、夏着物などに使われています。

 

八重山上布の起源についてはっきりとしたことはわかりませんが、かなり古い時代から衣服の材料として用いられていたようです。
後に薩摩藩が人頭税を課すようになると、今日あるような精巧な模様の織物が作り出されるようになりました。
この人頭税はことのほか厳しいもので、島民にとっては耐え難いものであったといいます。
上布は細い糸で織られた織物を指す言葉ですが、献上された品という意味をも持っています。
薩摩藩から日本各地へ広がっていった為、かつては宮古上布とともに薩摩上布と呼ばれていたことがあります。

 

購入する場合の価格ですが、着物や帯ならば、大体は20~30万円前後のものが多いようです。
中には300万円くらいの値がつけられたものもあります。
もちろん価格のつけられないような価値のあるものもあり、一概にいくらで購入できるといえないのが着物の値段です。
しかし、美しいその模様と着心地の良さで人を魅了してやまないものでもあります。

出雲絣(いずもがすり) まとめ

八重山上布の着物を買取して貰うなら買取プレミアムがおすすめです。

 

その理由としては主に2つ挙げられます。
1つ目は何といっても高く買取してくれます。

 

現代の着物のデザインの傾向として派手で高級感が漂うものを好まれる傾向にあり、八重山上布の着物も素材や質感は文句ない程素晴らしいのですが、デザインが奥ゆかしいものであるので派手な着物と比べるとどうしても地味に映ってしまいます。

 

一般的な買取業者は、店にある在庫やお客の需要を踏まえて買取の値段を査定します。
このため、それほど人気がない商品はそもそも店に在庫がないので、比較しにくいです。
何らかの形で比較ができないと相場が分からないためいくらで買った方が店側の儲けになるのか判断がつきにくいです。

 

このためどうしても2の足を踏んでしまいます。
一方で、買取プレミアムなら多くの在庫を備えており、八重山上布の本当の価値を判断したうえで買取してくれます。

 

お客の需要が少なくても、コアな方にターゲットを絞る戦略を立てているため、それが本当にいいものならば高い値段で買い取ってくれます。
2つ目は、店側の知識が豊富なことです。

 

通常のお店の場合、店員によって知識にばらつきがあるので、高い値段で買い取ってほしくてもこちらからその着物の良さをアピールしていかなければなりません。

 

その点、買取プレミアムならすでに八重山上布の製造工程から作製までを知っている店員ばかりなので、知識の取りこぼしがなく、より客観的に判断してくれます。
以上の点から八重山上布の着物を買取して貰うなら買取プレミアムがおすすめといえます。

 

八重山上布(やえやまじょうふ)について

 

八重山上布(やえやまじょうふ)について