MENU

読谷山花織(よみたんざんはなおり)について

読谷山花織(よみたんざんはなおり)は沖縄読谷村で織られる織物のことです。
沖縄の代表的な織物のひとつで、史実によると15世紀には既に織られ、アジアへ輸出されており、その後琉球王朝の御用布になり貴族や王族が愛用しその技術が発展しました。
明治に入り一時消滅の危機を迎え、昭和初期には「幻の花織」と呼ばれていましたが、1960年代に有志により復興され、その後沖縄県指定無形文化財、経済産業大臣指定伝統的工芸品として知られるようになり、作家には重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定される人も現れるようになり、現在に至っています。

 

読谷村花織は植物染料(福木、車輪梅、琉球藍、サルトリイバラなど)で染め、幾何学柄を織り込んだ織りの着物です。
昔は木綿で織られたものもあったようですが、現在では絹がメインで使われています。
幾何学模様の基本の柄にはそれぞれ意味があり、

「銭玉(ジンダマ)」・・お金をモチーフにした模様→お金に困らないようにという願い
「風車(カジマヤー)」・・97才になると風車を贈る習慣から、長寿への願い
「扇花(オージバナ)」・・末広がりの扇花をかたどった子孫繁栄の願い

というような想いが込められています。
昔から着物や帯にこの柄を織り込み、家族や愛しい人への想いを込めたと言われがあります。
色糸で浮き出す幾何学模様は花のように美しく、立体感のある織り物です。
同じ読谷村花織りでも、着物に使う柄と帯に使う柄で違う組み合わせを使います。
しっかりした織りあがりなので、現在では帯に使われることが多い織物です。

 

 

読谷山花織(よみたんざんはなおり) まとめ

読谷山花織は、沖縄県中頭郡読谷村に伝わる伝統工芸品です。

 

読谷山花織は紋織物の一種で、琉球藍や福木車輪梅などの植物性の染料で染めた絹糸や木綿糸を、沖縄独特の技法で織り上げていきます。

 

色糸で織り込んだ可憐な花模様が特徴で、平織りした地に別糸で花の紋様を織り込んで刺繍のように花模様を浮き上がらせる方法と、織り機を用いて立体的な花模様を作る花綜絖という方法があります。

 

花の紋様は基本の柄が3パターンあり、それぞれの組み合わせをアレンジして模様を作っていきます。

 

読谷山花織の布は着物、帯、小物類などに使われますが、3パターンの花の紋様にはそれぞれ「お金に困らない」「子孫繁栄」「長寿を願う」という意味があり、読谷山花織は愛しい人や肉親の安全を祈って織られていた織物です。

 

読谷山花織は15世紀の大交易時代に、中国や東南アジアからルーツとなる技法が伝来したと言われています。

 

約600年の歴史を誇る伝統工芸品でありながら、沖縄戦の後に絶滅寸前となっていましたが、読谷村の有志によって復活され、今に伝えられています。

 

そんな一度は幻とも言われた読谷山花織の着物はもちろん貴重なものですが、買取してもらうなら、その価値を正しく理解してくれる業者に任せたいものです。

 

買取プレミアムは高価で貴重な着物の買取に慣れており、確かな目を持った査定スタッフが適正な価格を提示してくれます。

 

染みがあったり、保存状態に自信が無いという場合にもまずは一度相談してみることをおすすめします。

 

読谷山花織(よみたんざんはなおり)

 

読谷山花織(よみたんざんはなおり)