MENU

結城紬(ゆうきつむぎ)について

結城紬とは、茨城県の結城市を中心とした地域で作られる絹織物の事です。

結城紬は日本最古の歴史を持つと言われ、古くは奈良時代に当時の常陸国の特産物として朝廷に布が上納され、それが紬の原型とされています。
その布がやがて常陸国紬と呼ばれるようになり、室町時代には結城家から幕府に献上したことから結城紬と呼ばれるようになりました。
現在結城紬は最高品質の絹織物として重要無形文化財および無形文化遺産の登録がされています。

 

結城紬の着物や帯の一番の特徴は、真綿から手でつむぎ出す糸で作られている事です。
日本全国でも縦糸と横糸の両方に手つむぎ糸を使用しているものは本場結城紬だけです。
これが最高品質の絹織物と言われる所以です。
また、結城紬は三代着て味が出ると言われる程丈夫でしっかりと作られています。
最初はかたさがあり、着ているうちに次第に柔らかさと風合いがでてきます。
また結城紬の模様は緻密で精巧な亀甲や十字の文様で構成されています。
丈夫でデザインもシンプルかつ気品をかねそろえている事から結城紬は昔から人々に愛されています。

 

本場結城紬には製品が確かなものであると言う証に、絹100%の品質表示と登録証紙の4枚の証紙が中央に貼り付けられています。
幅や長さ、打ち込み本数や模様ずれなど16項目の厳しい検査に合格した証の本場結城紬検査証と、本場結城紬卸商協同組合が品質を保証した品質表示、さらに産地証明や糸とり婦人図と検査証の3枚セットの組合責任証です。
この証紙があって初めて本場結城紬として認められます。

結城紬(ゆうきつむぎ) まとめ

結城紬の着物を買取して貰うなら買取プレミアムがおすすめです。

 

その理由は何と言っても出張買取サービスです。
これにより、商品を汚すことなく査定に望むことが出来ます。
運ぶ最中に敗れることもありませんので、商品の価値を下げることなく買取の場で交渉することが出来るのも大きいです。

 

また、買取プレミアムなら多少の汚れや傷がある場合でも、査定対象にしてくれるので、思わぬ査定額が出る可能性が多分にあります。
通常証明書や保証書が無いと高い買取をしない店が殆どですが、買取プレミアムなら全国展開している強みを生かして、豊富に在庫をそろえていますので、商品ごとの比較を出来ます。

 

これにより、お客さんが持ってきた商品が本物かどうか見抜くことが出来ますので、証明書などをなくしても安心して査定で交渉することが出来ます。
店員の着物に対する知識が深い所もおすすめできる点です。

 

結城紬の繊細な色合いは素人には非常に難しくどれも同じに見えます。
シンプルな色合いに部分部分で濃淡が隠されているため、同じ型の着物でも微妙に商品値段変動があります。

 

これらを踏まえた知識を予め備えていますので、こちらが商品の情報をすべて伝えなくても公平で客観的な査定をしてくれます。
その場で買取してくれるという点もおすすめです。

 

日を空けないため、忙しい人でもすぐに買取してくれます。
たくさん買取して欲しい人にとっても買取プレミアムはおすすめの店ですので試してみてください。

 

結城紬(ゆうきつむぎ)について

 

結城紬(ゆうきつむぎ)について